ご飯が美味しくなるウォーターサーバー

ウォーターサーバーは美味しい水を24時間最適な温度で飲むことが出来るので、家に一台あるだけで生活の質がグッと上がることがあります。

 

しかし、ウォーターサーバーの真髄はこうした日常生活の水分補給はもちろん、料理にも使用することで発揮出来ます。

 

料理は水が大事だと言われていますが、特にご飯を炊く時には顕著に現れます。

 

例えばミネラル分を多量に含んだ硬水でご飯を炊くと中心まで水分が浸透せず、パサパサとした食感になってしまいますが、弱アルカリ性の軟水で炊くと日本人好みのふっくらと甘いご飯に仕上げることが出来ます。

 

この他にも出汁の味は水の影響をシビアに受けますし、コーヒーなども水質によって大きく変化します。

 

そこでおすすめしたいのが料理に最適なウォーターサーバーです。

 

ウォーターサーバーの中には飲料目的に適したものもあれば、上記のような軟水が使用出来るものもあります。

 

そのためキッチンに設置するウォーターサーバーは料理用、リビングには飲料用など、用途によって設置場所や使用場面を変えてやるとよりウォーターサーバーを暮らしの中で活用することが出来るでしょう。

 

ぜひこれからウォーターサーバーを導入される方は、どんな場面で使用するか具体的にイメージしながらメーカーや水質をお選び下さい。

 


女性向けのウォーターサーバー

 

ウォーターサーバーに限らず、家庭内で使うものは女性が決定することが多いように思います。

 

昔はウォーターサーバーといえば、企業で使うものでしたから、無骨なデザインに大き目サイズのものが目立ちました。

 

でも最近はそうでもありませんよね。

 

自宅にウォーターサーバーを置いているという人は、私の知り合いにも結構いますし、私の家にも置いています。

 

だからなのか、各社から販売されているウォーターサーバーも、かなり女性ウケを意識したものが増えたように思います。

 

まず家庭用ということでコンパクトになり、それから女性の腕力でも水の交換がしやすいように、ボトルを上ではなく下に取り付けるタイプのウォーターサーバーも出てきました。

 

更にカラーもよくあるホワイトやブラック、それからブルーだけではなく、部屋に馴染みやすいブラウン系や、可愛らしいピンクカラー、ナチュラルで明るい雰囲気になるライトグリーンなどが展開されるようになってきています。

 

ただ下部に置くタイプはそのぶん電気代がかかるんだろうなぁと、ついつい考えちゃいますけど…。

 

従来の上にボトルを設置するウォーターサーバーや、シンプルなデザインのものも引き続き販売&レンタルされていますが、どちらがどの程度人気なのか知りたいものです。